レンちゃんとペンタ

リトルサーバーのメリット・デメリット | 評判・口コミ

リトルサーバーのメリット・デメリット | 評判・口コミ

リトルサーバーは月額165円〜、年間1,980円〜と格安で利用できるサーバーです。
高速で、WordPressやSSLも使えて、データのバックアップも随時取ってくれます。
評判と口コミ…というか、実際に使ってみた感想と速度テストの結果を紹介します。

リトルサーバーに関してこの記事で分かること

  • 月額165円〜のお値打ち料金プラン
  • メリット:WordPressもSSLも対応。容量も個人サイト運営には充分
  • デメリット:公式サイトはちょっと不安になる。ドメインサービスは別途探す必要アリ
  • リトルサーバー利用時に無料でドメインを取得するには
  • まとめ:多少Webサイト運営経験のある人が格安&安心して使えるのがリトルサーバー

    Webデザインとブログで豊かに引きこもる。

    レンちゃんとペンタ

    Webデザインは器。ブログは中身。
    「レンちゃんとペンタ」では、2つのスキルを掛け合わせて、
    おウチで豊かに楽しく暮らす方法をご紹介しています。

    リトルサーバーの料金プラン

    最安は月額165円(1年間1,980円)

    リトルサーバーの料金プランです。

    リトルサーバーの料金
    リトルサーバー料金プラン(公式サイト)

    最安のミニプランであれば、月額165円(税込)、1年1,980円(税込)から自分のWebサイトやブログを運営することができます。

    初期費用はかかります

    リトルサーバーでは、全プランで1,012円(税込)の初期費用が発生します。
    初期費用なしのサーバーも多いですが、リトルサーバーは月額料金が圧倒的に安いので、長い目で見れば他社よりもおトクになり得ます。
    検討中のサーバーとぜひ比べてみてください。

    更新時の値上がりはナシ

    リトルサーバーには更新時の値上げはありません。
    初年度の料金のまま、2年目以降も使えます。

    全プランの比較ができます

    リトルサーバーのメリット

    料金が安い

    これは先程ご紹介した通りです。安いです。

    高速(スピード計測も行ってみました)

    安かろう悪かろうで心配になりますが、リトルサーバーはスピードも速いです。
    私も当初心配だったので、Pingdom Website Speed Testで、元々使っていた他社サーバー(リトルサーバーよりは有名)とスピード比較しました。

    Pingdom Website Speed Test
    Pingdom Website Speed Testのページ

    Load timeの数値が少ないほど、スピードが速いことになります。
    以下計測結果です。

    他社サーバー リトルサーバー
    軽めのページ
    (Performance grade:83)
    1.02s 892ms
    画像多めのページ
    (Performance grade:75)
    1.47s 1.34s
    テキスト多めのページ
    (Performance grade:79)
    1.47s 1.16s

    10〜20%くらいスピードアップしました。
    Googleのページ評価基準ではページの表示スピードも対象になっていますので、サーバーを変えるだけでSEOの改善につながる可能性もあります。

    実はディスク容量も妥当

    他社と比較するとディスク容量の少なさが気になるかもしれませんが、実はこれ、テキストベースの個人ブログであれば十分なサイズです。何百GBもあるようなサーバーでは逆に持て余す事も多いはず。
    万が一容量不足になった場合も、リトルサーバーでは上位プランへの移行は随時行えます。

    ブログ開設時:リトルサーバーの「ミニプラン」で手堅くスタート

    ブログが育ってきた:リトルサーバーの「ワードプラン」などの上位プランに移行

    もっともっと育ってきた:より高スペックなサーバー会社に引っ越す

    といった運用をすれば、ムダな出費がなくなります。

    無料SSL

    無料お試し期間で確認した事の一つがこれです。
    Webサイトの安全性に関わる設定で、これがないとSEO的にも大問題なわけですが、リトルサーバーでも簡単な操作で設定することができました。

    WordPressの簡単インストール機能

    最近のサーバーでは当たり前のように付いている、WordPressのインストールを行ってくれるサービスです。
    格安のリトルサーバーにはない、もしくは使いづらいのではと思っていましたが、こちらもスムーズに行うことができました。

    自動バックアップ機能がある

    リトルサーバーでは随時7日分のデータを自動バックアップしてくれるので安心です。
    復元したデータはもちろん無料で提供してもらえます。

    無料お試し期間が長い

    リトルサーバーは20日間の無料お試し期間がついています。
    私も当初はリトルサーバーを相当疑っていたので(失礼)、この期間中に先ほどのスピードテスト等、いろんな機能を確認しました。

    20日間もお試し期間があれば安心

    リトルサーバーのデメリット

    不安になる公式Webサイトのデザイン

    職業上、私がリトルサーバーを怪しげに感じた一番の理由がこれです。
    一般的なレンタルサーバーの公式サイトと大分トーンが違うのでかなり心配になりましたが、内容はしっかりしています。知りたい事は全て公式サイト内でわかりました。

    サポートはメールのみ

    電話やチャットなど、複数の手段を設けているサービスもありますが、リトルサーバーへのお問い合わせ方法はメールのみです。
    ただ、私はこれまで複数のサーバーを利用してきましたが、電話やチャットの必要性を感じた事は一度もありません。

    メールサポートの場合は、スピーディーかつ的確に返信をもらえるかが重要です。
    契約時、私はリトルサーバーに領収書に関するお問い合わせをしましたが、翌日には期待通りの回答をいただけました。

    公式サイト内のマニュアルが使いづらい

    厳密に言うと、マニュアル自体は整理されているのですが検索機能がないので、自分の知りたい内容が見つけられず、時々迷子になります。
    こちらの対策としては「リトルサーバー WordPress」などのようにGoogleで検索をかける事。リトルサーバーのマニュアルが上位にちゃんとヒットしますし、内容自体はわかりやすいです。

    独自ドメインは他社で

    一般的なレンタルサーバーでは、セットでドメインも取れる関連サービスを提供しているのですが、リトルサーバーにはありません。そのため、他社で契約したドメインをリトルサーバーに紐づける必要があります。作業自体は簡単です。

    ドメイン取得時のおすすめはお名前.com 。大抵は初年度無料でドメインを取得できるので、リトルサーバーの料金だけで1年間サイト運営ができます。

    リトルサーバーがおすすめの人

    格安で自分のWebサイトやブログを運営したい人

    何事も初期コストは抑えるに越した事はありません。
    リトルサーバー+お名前.com の組み合わせなら、安心して自分のメディアを立ち上げる事ができます。

    WebサイトやWordPress運営をちょっとでも経験した事がある人

    マニュアルやサポート手段に関して、充分ですが手厚いわけではないので、手取り足取り助けてほしいという方にはリトルサーバーは不向きです。
    対して、WordPressサイトなどの運営経験が多少でもある人なら、リトルサーバーを利用して無駄を削ぎ落とすことによって、かなりのコスト削減ができます。

    あくまで想像ですが、公式サイトのデザインや、電話・チャットサポートなどに力を入れず、サービスそのものだけに注力している結果として、この低価格なのだと思うのです。他サーバーに比べて派手な広告なども見かけませんよね。

    全く怪しくない、むしろ掘り出し物でした

    1. Home
    2. リトルサーバーのメリット・デメリット | 評判・口コミ

    Related Posts