レンちゃんとペンタ

SEO効果のあるブログのキーワードの選び方【Googleが教えてくれます】

SEO効果のあるブログのキーワードの選び方【Googleが教えてくれます】

Webページ、ブログへのアクセス手段は、ダントツで検索エンジン経由です。
と言うことは、検索キーワードを意識したブログ記事作りをすれば、アクセスは必ず増えるという事。

ここでは、Google評価、SEO効果が期待できるキーワードを探して、ブログ記事に活かしていく方法を見ていきます。

    Webデザインとブログで豊かに引きこもる。

    レンちゃんとペンタ

    Webデザインは器。ブログは中身。
    「レンちゃんとペンタ」では、2つのスキルを掛け合わせて、
    おウチで豊かに楽しく暮らす方法をご紹介しています。

    検索キーワードの重要性

    私たちは、Webサイトやページを、Google等の検索エンジンを通じて探します。
    検索には、キーワードを使いますよね。
    と言うことは、検索キーワードは、ユーザーとブログを結びつける大切な要素であると考えられます。

    検索キーワードからわかること

    みんなが何を知りたいか

    検索キーワードを率直に定義すると「ユーザーが検索に使った文言」以上のモノではありませんが、もう少し突っ込むと「ユーザーが何を知りたいのか」が表現されたフレーズと捉える事ができます。

    どんなブログを書けばいいか

    ユーザーの知りたい事が検索キーワードでわかるのなら、それに応えるような内容を書けばいい。
    検索キーワードは、ブログ記事のヒントを教えてくれるありがたい存在です。
    多くのユーザーが知りたがっている事を紹介すれば、Webサイト、ブログを訪問してもらえる可能性も高くなります。

    キーワードの大切さを確認したところで、早速その探し方、選び方を見ていきます。

    ブログキーワードの選定方法

    3つのステップで進めます。

    ・メインのキーワードを一つ決める
    ・複合キーワードを探す
    ・検索ボリュームをヒントにキーワードを決定する

    メインのキーワードを一つ決める

    まずは主軸のキーワードを一つ決めます。
    とはいっても、ここはブログで扱っているジャンル・テーマをそのままキーワードに起こせばいいので簡単です。

    私であれば「Webデザイン」と「ブログ」。
    もう少し分解すると、「WordPress」とか「CSS」といった技術周りの用語もメインキーワードにする事ができます。

    複合キーワードを探す

    キーワードが決まったからこれで完了!と行きたいトコロですが、通常私達は、より目的に適った検索をするために2つ以上のキーワードで検索を行いますよね。

    例えば「ぶどう」に関する検索なら、
    ・ぶどう カロリー
    ・ぶどう 種類
    等、検索意図に応じてキーワードを追加アレンジします。

    こうしたキーワードの組み合わせを「複合キーワード」と言います。
    ブログ内容の検討も、この複合キーワードを手がかりにした方が具体的にイメージしやすいですよね。

    では、複合キーワードはどうやって見つけるか。
    方法はいろいろありますが、私たちが普段目にしているトコロにもた〜くさんあります。

    「他のキーワード」欄
    Google検索のページ下に現れるこちら。

    Google検索画面下の「他のキーワード」欄
    Google検索画面下の「他のキーワード」欄

    「他のキーワード」欄では、よく検索されているキーワードの組み合わせが表示されるので、ブログのアイデア探しに役立ちます。

    Googleオートコンプリート機能
    Googleオートコンプリートとは、これです。

    Google検索のオートコンプリート機能
    Google検索のオートコンプリート機能

    検索キーワード入力時にGoogleがいろんなキーワードの組み合わせを提案してくれる、この仕組みのことを指します。

    「他のキーワード」との違いですが、オートコンプリートでは、客観的な検索データに加えて、私達個人の検索嗜好が加味された内容が提案されます。
    例えば、私達がこれまで何を検索してきたかや、最近何を探したかなどが反映されると言う事です。

    データとしては偏りがある、と考える事もできますが、自分の傾向が考慮されていると言う意味では、オリジナリティのある、自分と相性のいいキーワード群を提案してくれている可能性がありますので、十分参考にする価値アリです。

    キーワードプランナー
    こちらもGoogleのサービスです。Googleさまさまですね。

    キーワードプランナーを使うと、任意のキーワードが検索された回数を表した「検索ボリューム」を調べる事ができます。
    検索ボリュームが大きい=たくさん検索されている=需要の多いキーワード、そうでなければ需要の少ないキーワードであると推測する事ができます。

    キーワードプランナーは、Google上で広告を出すためのサービス「Google広告」内の機能で、利用するにはGoogle広告のアカウントを取る必要があります。
    アカウントは無料で作る事ができますし、広告を出す必要もありません。

    検索ボリュームの内容ですが、広告を出した事があるアカウントでは詳細なデータが表示され、そうでなければおおよそのデータ表示になるという棲み分けがあるようなのですが、私は後者のざっくりデータでも十分助かっています。

    複合キーワードの検索ボリュームを調べる

    さあ、ここからはキーワードプランナーを使って、検索ボリュームが参照できる前提で進めます。

    検索ボリュームによって、キーワードの検索需要がわかるわけですが、それでは需要の多いものとそうでないもの、どちらを参考にすればいいでしょう?

    当然需要が多い方!と私は当初思い込んでいましたが、そうした人気キーワードには当然、競合サイトも多数存在してるんですよね。

    私のように小規模で、かつ生まれたてのブログ(まだ二ヶ月ちょい)はGoogleからの信頼評価をまだ得られていないという事もあり、大ボリュームのキーワードによる検索で上位に入ることは無理です。

    ということで、発展途上のブログに関しては、需要少なめ、つまり競合が少ないと予想されるキーワード周りで記事を書くのも一案です。

    競合の少ないキーワードで検索上位に入れば、ブログに訪問してもらえる確率が上がります。
    訪問してもらえば、ブログの内部リンクを辿って他のページを見てもらう事も期待できます。
    結果少しずつページビューが上がればGoogleの信頼も得られるので、その時に検索ボリュームがより大きいキーワードに挑戦する。
    こんなスパイラル循環でじっくり運営していく、という戦略です。

    検索ボリューム調査の話に戻ります。
    キーワードプランナーを使うと、無料(広告出稿した事がない)利用ではこんな感じで検索ボリュームが表示されます。

    キーワードプランナーで調べた検索ボリューム
    キーワードの検索ボリュームがずらっと

    こんな棲み分けレンジです。
    ・10万~100万
    ・1万~10万
    ・1000~1万
    ・100~1000
    ・10~100
    ・0~10

    私が確認できた一番多いレンジは「10万~100万」でしたが、もしかしたら100万以上もあるかもしれません。
    このレンジの内、私は「10~100」のキーワードに照準を合わせることから始めました。

    理由は、この時点(ブログ開始2ヶ月程度)で少ならかず検索上位に挙がっていたページがいくつかあって、そのどれもがこのレンジのキーワードによるヒットだったからです。

    まとめると、こんなステップになります。

    1.まずはブログ記事を少し書いて、様子を見る
    2.検索にヒットしたページが少なからず出るはずなので、どんなキーワードで検索されたのかを調べる
    3.そのキーワードの検索ボリュームを調べる(私の場合は10~100)
    4.しばらくはそのレンジのキーワードを意識した記事を書き、徐々に上のレンジ(私の場合は100~1000)を目指していく。

    私は「10~100」からスタートしましたが、もっと上から始められる人もいるかもしれません。
    是非ご自身のスタートラインを調べてみてください。

    ちなみに2は、サーチコンソールを使って調べる事ができます。
    こちらもまたまたGoogleのサービスです(もちろん無料です!)

    キーワード選びにおいて、データと同じくらい大切なこと

    データも十分参考になりますが、大切なのはそのキーワードで書けるか、書きたいかと思えるか。
    要は、自分のモチベーションです。

    ここまでくると、キーワード候補もだいぶ絞られてきているはずですが、私はいつも、こんなフィルターをかけて最終決定を行います。

    キーワードが示すトピックに即答できるか

    調べたキーワードから「ユーザーの知りたい事」が見えてくるわけですが、それに対する回答ができない、思い付かないようであれば躊躇なく候補から外します。
    ムリやり自分の意見を捻り出してまで、記事を書く必要はないと思っているからです。

    気が乗らないキーワードも見送り

    候補のキーワードに関して今すぐ、必ず記事を書かなくてはいけないワケではありませんよね。
    気の進まないものに取り組む必要はないし、しばらく寝かせておいたっていいんです。

    「書かなくちゃいけない」なんて、自分を追い込まないようにする事を、私は一番に気をつけています。

    日常と照らし合わせる

    スクールで質問された事、制作のお仕事で話題に上がった事など、リアルな体験もキーワード選定には大事だと思っています。
    例えばデータ上は選外でも、最近スクール受講生さんによく聞かれたなあ、というキーワードであれば、採用する事があります。

    データや世間のニーズに囚われ過ぎると疲れてしまいますので、自分の書きたい事と相手の知りたい事、上手くバランスを取りたいですね。

    さあ、こうして自分のマインド的にも納得のキーワードを見つけたら、選定完了です!

    急がば回れ。上手くキーワード選定ができていれば、記事は楽に書ける

    自分の身の丈にあったキーワードが見つかったところで、ようやくここからがブログ執筆開始になります。
    さらに長い道のり…と思いきや、このくらいキーワードと十分に向かい合っておくと、その過程で記事の構想もなんとなく見えてたりするんですよね。意外にすっと書けちゃうはずです。

    ブログってただの文章かと思いきや、一つのプロダクトなんですよね、
    コンセプトがあって、プランや設計があってようやく作り始める…それってデザインにも通じるものがあります。

    急がず焦らず、丁寧に書いて行きましょう。

    1. Home
    2. SEO効果のあるブログのキーワードの選び方【Googleが教えてくれます】

    Related Posts